サイト構築(WordPress)

Google XML Sitemapsプラグインの使い方と設定方法(2019最新版)

Pocket

ワードプレスのプラグイン「Google XML Sitemaps」の使い方と設定方法についてです。

「Google XML Sitemaps」とは?

こんにちは、及川(オイカワ)です。

 

今回はワードプレスのプラグイン「Google XML Sitemaps」についてです。

 

Google XML Sitemapsは、

ウェブ上のクローラー(データ収集しているロボット型検索エンジン)にブログを巡回してもらうためのプラグインです。

 

クローラーがブログにスムーズに巡回できるようにしてあげる(XMLサイトマップを作る)ことで、検索エンジンにスムーズに反映されやすくなります。

さらに、Google XML Sitemapsを使うことで

  • Googleが巡りやすいサイトマップを作ってくれる
  • 記事投稿とともにサイトマップを自動的に作成してくれる
  • サイトマップが作成されると、自動で検索エンジンにお知らせしてくれる

というようなことをしてくれるので、ブログ運営側には良いことづくめのプラグインです。

 

少しとっつきにくい部分もありますが、設定そのものは簡単ですので、早速やっていきましょう。

 

Google XML Sitemapsの使い方とオススメ設定方法

Google XML Sitemapsのインストール

ワードプレスのメニュー画面から

「プラグイン」>「新規追加」をクリックし、キーワードに

Google XML Sitemaps

を検索、プラグインをインストール(有効化)します。

Google XML Sitemapsの使い方

ワードプレスのメニュー画面

「設定」>「XML-sitemap」をクリックすると、設定画面に切り替わります。

基本設定

デフォルトのままでOKです。赤枠の3つにチェックが入っていることを確認しましょう。

  • Notify Google about updates of your site…Googleに更新を知らせる
  • Notify Bing (formerly MSN Live Search) about updates of your site…Bingへ更新を知らせる
  • サイトマップのURLを仮想robots.txtファイルに追加…検索エンジンにサイトマップの場所を伝える

 

投稿の優先順位

デフォルトのままでOKです(「優先順位を自動的に計算しない」にチェックが入っていることを確認してください。)

Sitemapコンテンツ

画像赤枠部分のようにチェックを入れてください。

  • ホームページ
  • 投稿(個別記事)を含める
  • カテゴリーページを含める
  • 最終更新時刻を含める

大事なページだけをクロールが巡回するようにしておくことで、最適化される=SEO対策にも効果があります。

Excluded Items(含めないカテゴリ)

基本的にデフォルト(未入力)でOKです。

 

Change Frequencies(更新頻度)

赤枠の通りにするのがオススメです。

  • ホームページ=毎日
  • 投稿(個別記事)=毎週
  • カテゴリー別=毎週
  • 古いアーカイブ=毎年
  • 上記以外=更新なし

ここでも、重要なところだけをクロールに巡回させる設定をすることで、最適化につながります。

優先順位の設定(priority)

1.0(重要度が高い)から0.0(低い)で優先順位を指定することができます。

下の画像の赤枠内を参考に設定してください。

クロールをさせなくて良いところは「0.0」にして、クロールの効率化を図ります。

最後に「設定を更新」をクリックするのを忘れずに!

これで設定終了です。

Search Consoleの設定も必要!

Google XML Sitemapsの設定画終了したら、次に必ずしなければならないことがあります。それがGoogle Search Consoleの設定です。

XMLsitemapsの設定内にある「sitemap.xml」をコピー

さきほどのGoogle XML Sitemapsの設定画面内のはじめにある赤枠の部分を確認し

「https://◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯/sitemap.xml」

をコピーします。

Search Consoleにサイトマップを追加する

Search Consoleにログインし、「サイトマップ」をクリックします。

「新しいサイトマップの追加」のサイト入力部分に、前にコピーした「https://◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯/sitemap.xml」をペーストをし、「送信」ボタンをクリックします。

送信ボタンを押したあと、下の部分「送信されたサイトマップ」が追加されます。

これで設定は完了です。

おつかれさまでした!

 

 

Pocket

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です