ライティング

記事の書き方オススメテンプレート!漫才テンプレ

Pocket

なかなかアドセンスブログの記事が書けない……アドセンスブログで稼ぎたいけど、文章書くのが得意じゃない……そういった方の悩みを解決するシリーズです。

記事作成テンプレート化計画

こんにちは、及川(オイカワ)です。

 

「アドセンスブログは稼ぎやすいっていうけど、文章作るのが苦手……」

「1記事1500文字数以上を量産しろ!?そうはいっても国語苦手だし……」

「書くのに時間かかるし、量が書けないし……」

 

ネットビジネスを始めたばかりの人は「書けない」ってことに悩んで作業が進まなくなることも……

関連記事:アドセンスブログやアフィリエイトに文章力と国語力は必要?

 

しかしながら、心配ご無用!

アドセンスブログの記事作成は

 

「テンプレート化」

 

すると、悩まずにサクサクと書きやすくなります。

 

文章量も多くなり、書くのも読むのも楽しくなるような「テンプレート」の提案をしていきます

 

お笑い好きにオススメ「漫才テンプレ」!

今回のテンプレートは、お笑い好き、ツッコミが得意な方にオススメの方法です。

その名も

 

「漫才テンプレ」!

(……と私が勝手に命名)。

 

お笑い番組で、1組の芸人が漫才をしている場面を思い出してみながら、活用してみてくださいね!

 

この形式では、3つの担当をあなた自身に与えます。

  • フリップ
  • ツッコミ担当
  • ボケ担当

この3人の担当は明確に区切らなくても大丈夫です。

あくまで「◯◯担当」というノリでオッケーです。

あなたの中で「3つの担当(立場)を作って書く!」と思いながら文章作成すると、より文章を書きやすくなります。

 

それでは、早速、テンプレートです!

 

冒頭:挨拶と紹介

芸人たちが舞台袖から出てくる感じですね。

「はい、どうも〜、◯◯です〜」

「僕ら◯◯っていう芸人ですけど」

「今からこんなネタ・芸人やりますんでね、楽しんでみていってくださいね!」

というノリで、これから書く記事の紹介をサクッとします。

 

<h2>見出し1:ニュース記事・元ネタについて

ニュース記事の「引用」

要点まとめを出します!

 

 

ツッコミ役「ニュースの率直な意見を言います」

ボケ役「ボケます、または、どうでも良いこと、変なものの見方をします、言います」

ツッコミ役「上記のボケを訂正します」

 

<ここで広告を入れます>

 

<h2>見出し2:ニュース記事・元ネタの詳細情報

さらなる情報を「引用」

および

要点まとめなどで補強します

ツッコミ役「率直な意見を言います」

ボケ役「反対意見、または、例え、をとにかく言います」

ツッコミ役「思いっきり全否定したりツッコミ入れます」

 

<h2>見出し3:世間の声と考察系

情報サイトやTwitterなどで、

記事ネタの感想や意見をとりまとめます。

ツッコミ役「大人数意見を養護します」

ボケ役「少数派意見を養護、大人数意見に物申します」

ツッコミ役「数の理論でツッコミます」

 

<広告を入れます>

<h2>見出し4:まとめ

ツッコミ役「この記事全体をまとめます」

ボケ役「この記事全体を突っ込んだりボケたりします」

ツッコミ役「なだめます」

 

 

漫才やお笑いネタの流れは文章構成にも役立つ!

「漫才テンプレ」は、自分の好きな漫才や芸人のネタ・コントに「なりきって」書くと、やりやすいです。

特に漫才は「しゃべりだけで世界を見せる・笑いを取る」よう組み立てられているので、分かりやすい構成がされてるんです。

さらに「3つの役割」にも応用がききます。

  • 王道の漫才スタイル
  • 動きの少ない漫才スタイル

の芸人とかは真似しやすいですね。

個人的に真似しやすいのは

  • サンドウィッチマン
  • ナイツ

かなあと思います。

たとえばサンドウィッチマンだと

  • ツッコミ役(まとも)
  • ボケ役(おとぼけ役)

ナイツだと

  • ツッコミ役(開設系)
  • ボケ役(言い間違い系・勘違い系)

といった、キャラクターやスタイル、立場があるので、取り入れると文章の流れや中身にもメリハリがつけられます。

芸人さんのネタはとにかく「キャラ立ち」と「いかに面白さをお客さんに伝えるか?」という鍛錬がされていますから、その「キャラクター性」と「伝える力」を自分にも取り入れてみると楽しく作ることができますよ!

さらに、ボケ・ツッコミのラリーは繰り返しひたすら続けられるので、文章量の調整や区切りもしやすいのでオススメです。

Pocket

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です